11月15日は七五三祝いの日で、
どこの神社も晴着の子どもたちでにぎわいます。
男の子は3才と5才、女の子は3才と7才に
氏神様にお参りして祝うのが最も一般的です。

七五三祝いは、このように氏神様に参拝し、
大神様にご加護によるこれまでの成長に感謝し、

昔より「七つまで神の子」といわれるように、
これから社会人の仲間入りを祝うものです。
神前に無事成長の感謝と、
今後のご守護を祈願するとともに、
親兄弟はもちろん、社会全般がこれを祝福し、
子供の成長の過程に節々をつけて、
子供にしっかりとした責任感と行いの
良し悪しをつけることが大事です。



受付場所 社務所にて受付いたします。
初穂料 お子さまお一人につき五千円より
受付時間 9:00〜15:30 常時受付しております。
※予約はいたしておりません※


七五三の生れ年は以下の通りです

3才(男・女児)
令和2年 令和3年
子(ね) 丑(うし)
5才(男児)
平成30年 平成31・令和元年
戌(いぬ) 亥(いのしし)
7才(女児)
平成28年 平成29年
申(さる) 酉(とり)







11月になりますと土・日・祝祭日は大変混雑いたします。
七五三のご祈念は常時受付をしておりますので、
ご都合よい日時をお選びください。
七五三でお車でお越しになられる場合、
駐車場や周辺道路の混雑が予想されますので、
沖元バス停横に駐車場を設けております。
お連れ様を鳥居前で降ろしていただき、
そちらへの駐車をお願い申し上げます。

駐車場の場所は左メニューの
「当宮へのアクセス」
をご覧下さい。